人気ブログランキング | 話題のタグを見る

有料自習室 スタディーズ 枚方市駅前

studys8.exblog.jp ブログトップ

仕事・勉強前にやるだけで生産性を1.4倍にする行動

大阪府枚方市の有料自習室 スタディーズ枚方市駅前です003.gif

仕事&勉強前に5分やるだけで生産性を1.4倍にする方法とは?!

仕事や勉強の前に5分ほど行うだけで、生産性を1.4倍にまで高めてくれる方法を紹介させてもらいます。

毎日コツコツとやるべきことをできているのもこれのおかげだったりします。
やる気がない時に自分を奮い立たせるためにも使えるので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

今回紹介するようなモチベーションの高め方を知っておくことは重要です。
ですが、モチベーションがなくても重要なことは続けられるようになっておくことも欠かせません
そのためには習慣化のテクニックは必ず身につけてください。

最初はモチベーションをあげて行動してもらい、それ以降は習慣化のテクニックで続けるようにしてください。
そして、続けていてもその習慣が途切れそうになることがあると思いますので、そんな時に今回紹介するテクニックを使っていただければ、自分のやるべきことをずっと続けることができるようになります。

そして、人間のやる気というものはそもそも続かないものです。

理屈でやる気を高めようと思っても人間のやる気は高まりません。それよりも感情にアプローチするとやる気は勝手についてきます

やる気が出ない時の対策方法は?

シカゴ大学のモチベーションに関する論文があります。
この論文の著者の方は、人間のモチベーションややる気に関する研究でとても有名なアイエレット・フィッシュバック氏です。
この論文では4つの実験を通じて調べています。
ここからポイントだけをわかりやすく解説したいと思います。

実験では、自分のやる気がない時に他人に対して「どうやったらやる気が出るか?」とアドバイスをしたパターンと、逆に、やる気がない時に他人からそのアドバイスをもらったパターンで比べています。
どちらの方がモチベーションが上がるのか調べています。

例えば、仕事でも勉強でも自分のやる気がなかなか出ないという時には、先輩や上司に相談したりアドバイスをもらおうとすることもあると思います。

そのような自分がアドバイスをもらった場合と、逆に 、やる気が出ない時に、同じような悩みを抱えている人に「どうやったらやる気が出ると思うか?」と聞かれて自分なりのアドバイスをした場合で、どちらの方がやる気が出るのかということを調べた実験結果は?

後編につづく

自習室スタディーズ枚方市駅前http://www.study-s.jp

# by studys8 | 2022-08-06 16:27 | お知らせ | Comments(0)

やってはいけないモーニング&ナイトルーティン(後編2)

大阪府枚方市の有料自習室 スタディーズ枚方市駅前です003.gif

どのタイミングでコーヒーを飲めばいいのかと言うと

「午前10時から12時の間」と「午後2時から夕方5時の間」

この2つがコルチゾールのレベルが落ちるタイミングですので、ここでコーヒーやお茶を飲むようにしてください。
特に早朝はコーヒーは飲まないようにしてください。
早朝の朝起きるタイミングはコルチゾールのレベルが一気に上がるので、そこでカフェインを摂取するのは避けた方がいいです。
ですから、コーヒーは朝飲むのではなく昼前や午後に飲むようにしてください。

コルチゾールのレベルが自然に上がるタイミングでカフェインを摂取しすぎると、体のコルチゾールの分泌リズムが狂ってしまい、それによって代謝が狂ってしまったり疲労感が激増する、人生や生活の質が低下してしまうということが確認されています。

1日何杯もコーヒーを飲んでいる人がいますが、これはコルチゾールがやばい状態になってしまい、もはやカフェインがないと体を維持することができないレベルです。
そうなると朝の目覚めも悪いですし、コーヒーを飲んでも目が覚めません。

コーヒーを朝起きて飲むのはやめましょう!


自習室スタディーズ枚方市駅前http://www.study-s.jp

# by studys8 | 2022-07-19 18:34 | お知らせ | Comments(0)

やってはいけないモーニング&ナイトルーティン(後編)

大阪府枚方市の有料自習室 スタディーズ枚方市駅前です003.gif

人は食べ物を食べると血液中に糖分が出ます。
この血液中の糖分をインスリンがエネルギーに変換してくれて、そのエネルギーによって僕たちは活動することができます。
インスリン抵抗性が悪化すると、血液中の糖分がうまくエネルギーに変換されなくなります。
血液中にずっと糖分が流れ続けるようになり、この状態を血糖値が高いと言います。

この血液中の糖分がずっと残っていると活性酸素が増えてきます。
この活性酸素は血液や細胞にダメージを与えてしまうものです。
そうなると、老化の原因になったり様々な病気の原因につながったりします。
そんな状態に朝起きてすぐのコーヒーが皆さんの体を持って行ってしまう可能性を示した研究です。
ですから、朝起きてから1時間ほどの間はコーヒーは飲まないようにしてください。

もちろん、コーヒーは使い方によってはとてもメリットのあるものです。
コーヒーを飲むならむしろ朝以外にするべきだとシェフィールド大学の研究が指摘しています。

この研究では人間のコルチゾールの値の変化をチェックしています。
コルチゾールはストレスホルモンの一種で、これが増えると老けやすくなったり体へのダメージはかなり大きくなります。
ブラック企業に勤めている人の体内を調べると、このコルチゾールの値がとんでもないことになっていると言われるくらいです。

ただ、このコルチゾールというのは、体が追い詰められている状態だから、もっとエネルギーを作ろうとする役割を果たしています。
僕らの体はコルチゾールによってエネルギーが出てくるようになっています。

ですから、このコルチゾールの値は1日の中でも変化します。
朝起きる5分から10分ほど前に体内のコルチゾールの値は上がり始め、同時に体温も上がってきてそれで目が覚めます。

このようなピークが1日に3回あるということをこの研究では確認しています。
コルチゾールのレベルのピークでは、覚醒度が高くなりエネルギーを作ろうとしているわけですが、そのタイミングでカフェインを投入すると、過剰な状態になってしまい、コルチゾールはそれほどエネルギーを作らなくてもいいのではないかとなってしまいます。

人間の体は自然に1日3回のコルチゾールのピークがくる状態ですから、そのピークが来るタイミングではなく、逆に落ちてしまうタイミングにコーヒーを飲むべきです。
そうすると、コルチゾールからのエネルギーを得ることができなくても、カフェインによってそれを支えることができます。
1日3回のコルチゾールのピークの合間にコーヒーを飲むと、1日を通して人はやる気を維持することができるのではないかというのがその研究の仮説です。

コルチゾールが高くなるタイミングでコーヒーを飲んでしまうと、コルチゾールの生成を妨害してしまう可能性があります。
では、どのタイミングでコーヒーを飲めばいいのかと言うと、1日を通して2つタイミングがあります。

つづく

自習室スタディーズ枚方市駅前http://www.study-s.jp

# by studys8 | 2022-07-18 18:31 | お知らせ | Comments(0)

やってはいけないモーニング&ナイトルーティン

大阪府枚方市の有料自習室 スタディーズ枚方市駅前です003.gif

多くの人が良かれと思って行なっているルーティンの中には、絶対にやってはいけないと言えるレベルのデメリットがある行動もあります。
もし当てはまることをしているのであれば、今日からやめた方がいいです。

もちろん、ドカ食いするとか当然やってはいけないことは挙げていません。
皆さんがしていそうで、実は良くないルーティンを紹介させてもらいます。
例えば、肺がんのリスクを高めてしまうモーニングルーティンもありますし、朝コーヒーを飲む人が多いと思いますが、実はこれがホルモンバランスを崩して逆に生産性が下がってしまうとか、朝これをしていると健康的なイメージを持たれるけれど、実はそれが1日のやる気を削いでいるという話もあります。
ナイトルーティンとしては、スマホのある機能が実は睡眠の質を下げているとか、それをすると将来肥満になる確率が1.3倍にもなるナイトルーティンもあったりします。

おそらくこれが今回一番意外な内容だと思いますが、朝のコーヒーをやめた方がいいかもしれません。
コーヒーはそもそも朝に飲むイメージがあると思います。

人は寝不足になると糖代謝が狂ってしまいインスリンの抵抗性が悪化したり様々な問題が生じます。
ただ、一晩寝不足になるぐらいであればそれほど悪化することはありませんでした。
ですから、皆さんも睡眠不足になったりすることはあると思いますが、一晩ぐらいであれば体へのダメージはそんなに心配するほどではありません。

ところが、睡眠不足の状態で朝食の前にブラックコーヒーを飲んだ場合の実験では、インスリンの抵抗性が著しく悪化していました

たった一晩でも睡眠不足になった状態で、朝起きて30分後にブラックコーヒーを飲むと、その後朝食で甘いドリンクを飲んだ瞬間に血糖値の上昇幅が他のグループに比べて1.5倍になっていました。
つまり、朝起きてブラックコーヒーを飲むと、その後朝食を食べた時に血糖値が急激に上がりやすくなります

このようなことから、朝起きてからすぐブラックコーヒーを飲むとインスリン抵抗性が悪化して、その結果血糖値をコントロールする能力が低下してしまうのではないかと言われています。

長くなりましたが続きは後日に

自習室スタディーズ枚方市駅前http://www.study-s.jp

# by studys8 | 2022-07-17 18:28 | お知らせ | Comments(0)

やってはいけないモーニング&ナイトルーティン

大阪府枚方市の有料自習室 スタディーズ枚方市駅前です003.gif

多くの人が良かれと思って行なっているルーティンの中には、絶対にやってはいけないと言えるレベルのデメリットがある行動もあります。
もし当てはまることをしているのであれば、今日からやめた方がいいです。

もちろん、ドカ食いするとか当然やってはいけないことは挙げていません。
皆さんがしていそうで、実は良くないルーティンを紹介させてもらいます。
例えば、肺がんのリスクを高めてしまうモーニングルーティンもありますし、朝コーヒーを飲む人が多いと思いますが、実はこれがホルモンバランスを崩して逆に生産性が下がってしまうとか、朝これをしていると健康的なイメージを持たれるけれど、実はそれが1日のやる気を削いでいるという話もあります。
ナイトルーティンとしては、スマホのある機能が実は睡眠の質を下げているとか、それをすると将来肥満になる確率が1.3倍にもなるナイトルーティンもあったりします。

おそらくこれが今回一番意外な内容だと思いますが、朝のコーヒーをやめた方がいいかもしれません。
コーヒーはそもそも朝に飲むイメージがあると思います。

人は寝不足になると糖代謝が狂ってしまいインスリンの抵抗性が悪化したり様々な問題が生じます。
ただ、一晩寝不足になるぐらいであればそれほど悪化することはありませんでした。
ですから、皆さんも睡眠不足になったりすることはあると思いますが、一晩ぐらいであれば体へのダメージはそんなに心配するほどではありません。

ところが、睡眠不足の状態で朝食の前にブラックコーヒーを飲んだ場合の実験では、インスリンの抵抗性が著しく悪化していました

たった一晩でも睡眠不足になった状態で、朝起きて30分後にブラックコーヒーを飲むと、その後朝食で甘いドリンクを飲んだ瞬間に血糖値の上昇幅が他のグループに比べて1.5倍になっていました。
つまり、朝起きてブラックコーヒーを飲むと、その後朝食を食べた時に血糖値が急激に上がりやすくなります

このようなことから、朝起きてからすぐブラックコーヒーを飲むとインスリン抵抗性が悪化して、その結果血糖値をコントロールする能力が低下してしまうのではないかと言われています。

長くなりましたが続きは後日に

自習室スタディーズ枚方市駅前http://www.study-s.jp

# by studys8 | 2022-07-17 18:28 | お知らせ | Comments(0)
line

大阪府枚方市にある有料自習室スタディーズのご案内。


by studys8
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30